保活狂騒曲

〜30代働き女子の妊娠・出産からの保活、復職して一年半(←いまココ)やイロイロ〜

5年前の自分が可愛すぎて、思わず画像を保存した

5年前の自分が可愛すぎて、思わず画像を保存しました。


いや。なにいってんだって感じですよね、はい。


あ、ちなみに自分の容姿(化粧後)は、

よく言って中の中の下(←悪あがきw)くらいだとおもってるんですが、

たまたまSNSの過去の投稿を眺めてる時にみつけた5年まえの自分がキラキラすぎて!!!



三度見しましたwww



そして画像を保存しました。



もちろん、現在の自分への戒めのためです。

(可愛いっていうのは、もちろん現在比、ですよ)


なんつーか、

その写真の中の私は、

「人に見せるための笑顔」みたいなのがちゃんとできてて、

いまは、2歳児と一緒にゲヘゲヘ笑うだけだから、

ほんと、ヤバイと感じました。


最近夫が遠回しに「昔よりなんか、アレだよね、キラキラがさ・・」とか言ってきて、

はぁ?じゃあキラキラするための時間くれや、時間あればツメとかキラキラさせたいわっ!

とか悪態ついてたんですけど、

今日も、家の中では、

この平成も終わろうって最中に、昭和のギャグ漫画みたいな格好と髪型してましたからね。


そりゃ夫もなんか言いたくなるわな、

と反省しました。

(キラキラはツメのことじゃなかったっ!!)


来年は一ミリでも女子力があがるように頑張りたいとおもった年の瀬でした。

年末のお楽しみ。身体をあっためまくるDAY!

いや〜納めた納めた。

仕事、無理やり納めました。

ということで、一日フリー!!

子を保育園に預けて、と。

(先生に、いつもと違ってラフな格好ですね〜的なこと突っ込まれそうになるが、かわしてっ!!)

東京ドームシティのポイントがたまっていたので、

ラクーアスパのチケットに交換〜

温泉&岩盤浴〜(((o(*゚▽゚*)o)))

ごくらく〜


からのー、


子がいるとなかなか楽しめない

ひとり激辛ランチっ!!withアルコールw

@川国志

はい。まずはランチビールwith餃子。

f:id:rinne_w:20181227193524j:plain

麻婆豆腐、激辛。

f:id:rinne_w:20181227193604j:plain


あと、この醬が辛旨〜〜

f:id:rinne_w:20181227193627j:plain

この醬をチビチビなめながら、

ウーロンハイ。

あったかポカポカです。

クリスマスパーティー

f:id:rinne_w:20181226090503j:plainクリスマスの3日前。


夫が「チキンとケーキでも買って、クリスマスパーティーでもする?」


と、突然提案してきました。


うぉーいっ!

平日だし、最近夫は仕事が遅いので

完全にノーマークでしたわ。


近所のケーキ屋に25日の予約できるか聞くも


もうご予約は締め切ってまして、

あとは当日来ていただいてあれば買えます


とのこと。


ですよね〜


チキンは「夫よ、任せた。ケンタッキーは買えないだろうから、なんでもいいので調達してきておくれ」と丸投げしてみる。


結果。


夫は10分くらい並んだだけで

ケンタッキーをゲット。


わたしも、駄目元でいったケーキ屋に残2でサンタさんの乗ったホールケーキがあり、無事ゲット。


アクアパッツァの残り物をテキトーなパスタにリメイクして、

残ってたチーズとかを、適当に出して。


全体的に茶色いですが、

それっぽいクリスマスディナー完成w




なんとかなるもんですね。

ワーママになって初めて「仕事が楽しくてヤバイ」と感じていて、ヤバイ。

ワーママだから、

と一言でくくることは出来ないとは思うんですが、

民共通の1日24時間の中で、

仕事・家庭、というふたつのことを、

どちらも手を抜かずにやらなきゃいけないってめちゃくちゃ大変じゃないですか。


必然的に、どちらも時間が足りない、物足りない、となり、

毎日、「仕事か、子供か」みたいな二者択一をやって気が休まる暇もない。


ってな中で、

仕事復帰してからの二年間は、ずっーとモヤモヤが続いてました。


正直、いまの仕事は性に合ってて、

器用貧乏なんで、平均より上くらいには仕事はこなせるんですが、

仕事ってやっぱり、平均以上やって抜き出てこそやりがいとか充実感が味わえる、と個人的に考えていて、

そのためには、効率的に働くことは最重要ですが、

仕事のためのプラスαの時間って必ず必要だと感じています。


あと、いくら人の3倍速で仕事ができても、

結局、仕事の総量は平均なんで評価につながらないんですね。(うちの会社は)


本来なら、

同じ10という仕事を2時間でするひとと、6時間でするひとだと、

4時間分の効率化をしてるわけで、

もしその4時間が残業でまかなわれてるんなら、

4時間分の残業代を減らしてるからその分の「残業してない手当くれっ」(←そんなものはないw)ってことになるんでしょうが、

残念ながらわたしの所属する会社ではそーいう評価基準がないため、

総量の10で評価されるんですね。


だから

「家庭もあるのに、平均的な10という量の仕事をやってて偉いと思います」

みたいな、ぬるーい評価しかもらえない。


ただ、個人的には


・浮いた4時間分を、プラスαの価値に変換してこそ良い仕事ができる。

というのが理想だが、ワーママの場合はその4時間が家庭や育児にいきがち。


・ワーママは、ぶっちゃけ自分の都合で、やりたいからやってるだけなので、誰に文句を言える話でもない


と考えてるので、なんつーか、ずっーとモヤモヤしっぱなしでしたが、


結論から言うと、

前々から立候補していた社内研修にいけることになり

いまめっちゃ充実してます。


子供を産んで、(もしくは加齢で)

自分の記憶力や学習能力の低下に絶望していたのですが、

研修期間に入ってから、自分でも驚くぐらいいろんなインプットができてます。


で、脳科学的にはインプットよりアウトプットのほうが知識の定着には大事らしいので

積極的にアウトプットもしてますが、

その作業が楽しい楽しいw


人脈も広がり、知識も増え、

なんつーか、「ハマってる」感じがすごくあります。


結局、子供が保育園にいってるような立場だと、「時間」という資産を会社(仕事)に献上できないぶん、

スキルとか、何かをバージョンアップしない限りは付加価値がつかないんですよね。


ただ、今回ラッキーなことは、

通常業務から外れての研修だということ。

自分にとっては、通常業務しながらのインプットはさすがに無理だなぁ、、と思います。


それぞれの事情があり、

わたしはたまたま贅沢な環境にいるので、偉そうにいうのはアレですが、

「ワーママ」という立場をうまく利用して、

なにかインプットやスキルアップの時間に転換する、というのは、

けっこう大事なことなのかな、と感じています。


で、

毎日、研修楽しい〜

課題褒められて嬉しい〜


とか言ってて、

ふと気づくと、


第二子問題とか、

家庭内の重要検討事項が先送りされておるっっっ!!!!

(絶望)


ヤバイ〜

わたしの人生、どうなっちゃうの〜泣


なんか、

仕事もプライベートも満足度高い人って、ほんと、前世でどんないい行いしたんでしょう(遠い目)


もうちょい、

この仕事のイケイケ感を

プライベートにも転換したい、と思う今日この頃なのでした。

2歳児と金沢旅行(2日目)

お宿は部屋もきれいで

ごはんも美味しく

温泉もとっても◎


貸切風呂が1000円→HIS先生のちからで半額の500円w、というところも子連れには嬉しいポイントでした。


ちょっとだけ仲居さんが世話焼きおばちゃんすぎてキャラがビミョーでしたが

ご愛嬌w


朝食は加賀野菜のサラダなど、

どれもこれも素材が際立って美味しい。

久しぶりに、良いもの食べた〜って感じでした。


さて、

シャトルバスに乗って加賀温泉駅まで戻りましたが、

電車までやや時間が。


駅前に大きなスーパーがあったので、

夫との共通の趣味「地方のスーパーの品揃えをみてあれこれ言う」を楽しむことができましたw


楽しみ方としては

「ここらへんは名古屋寄りのラインナップだな」とか、「醤油は地元のメーカーが強いわけね」とか、「魚は1500円でこの刺身盛り合わせのクオリティ!!」とか

どーでもいいことをおばちゃんみたいに喋りますw


結果、地元のカップラーメン、名古屋のカップラーメン、地元のお菓子「ビーバー」←めちゃうま、「松井秀喜のお母さんのカレー」というコンセプトのレトルトカレー、などを買いました。f:id:rinne_w:20181226023757j:plain←買いすぎ。


金沢に戻ると「お腹減った〜」とか言い出す夫。

お寝坊で朝ごはんを食べてない夫、一人だけ腹ペコ。

こっちは朝ガッツリ食べとるんだわ(イラっとポイント3)と思いつつ、

駅近で人気の回転寿司に。


はい、11時なのに50組待ち。


とりあえず受付をして、

どこで時間潰そうか〜と店を出たところ、

同じ店の系列だけど、握りの単品は頼めない、という店舗が目の前に。


結論、ここでよくね?


ということになり入店。


結果、大当たりでした。


ビールでかんぱーい、のあとは、

のどぐろのお刺身。炙った皮目の脂の旨いことよっ!!

白えびの唐揚げ。


からのー日本酒。

もちろん、手取川っ!!!


わたしはそんなにお腹空いてなかったこともあり、

刺身とガリでチビチビやるつもりが、

夫の頼んだ特上握りの豪華さに、

たまらず、特上もう一人前発注w


ズワイガニ、のどぐろ、香箱がに、バイ貝、食べたかった海の幸、ぜんぶ入りっ!!!


おそるべし、金沢の回転寿司(この店は回ってませんが)。


ってことで、大満足のランチの後は、

駅ナカのお土産コーナーで爆買いをし、

昼過ぎの新幹線で金沢を後にしました。


まとめ。

2歳児連れの金沢旅行ですが、

海の幸や温泉がメインということもあり、

やや大人本位の旅になるのは否めないですね。

今回は子供の体調が少し悪かったこともあり、ややグズグズ気味で、動画でアニメを観てる時間も長かったので、

子供にとってはあまり充実した時間ではなかったかもしれません。(広いお風呂は楽しかったみたい)


ただ、親にとっては海鮮w酒w温泉wと楽しいことざんまいだったので、

子よ、今回ばかりは勘弁しておくれw

2歳児と金沢旅行(1日目)

冬の金沢旅行。


f:id:rinne_w:20181226015614j:plain



夫の「カニ食べたい、のどぐろ食べたい」のひとことでプランニング開始です。


今回もHIS先生を活用。

沖縄のプランニングを担当してくれた方に、メールで予算、泊まってみたい宿、主目的はカニ。という条件を伝え、

チャッチャカチャーとプランニングしてもらいました。


決済まですべてネットで完了。

ありがたや〜


沖縄ほどパック旅行のリーズナブル感はなかったものの、

交通や宿を個別で手配するより

ひとり2000円ずつくらいはお得かな、という感じでした。

あと、宿の貸切温泉が半額になったり、地味なお得感がありますw



今回は一泊二日だったので、

東京→金沢→山代温泉→金沢→東京

というプランにしました。


今回、子供が前々日から体調を崩し、

ギリギリまで行くかどうか迷いましたが、

前日にはやや回復していたため、

なるべく無理をしない、ということで決行。


結果、旅行中、ほとんどおんぶか抱っこで、父と母は温泉でも癒さないくらい肩と腰を痛めました涙


さて、

1日目。


午前11時に金沢着。

そのあとすぐに海鮮でも、と考えていましたが、

夫が行きの新幹線でオニギリを3個も食べてしまい、

「おなかすいてない〜」とかぬかす。

小学生かっ!!!

と地味にイラっとしながらも、午後から雨予報だったので先にひがし茶屋街へ。


風情のある街並み。

を、見ずに子、寝る(←ありがち)。


昔の建物って、ほんと、ちっこいですよね〜(←見どころ、そこかっ!w)


おなかを減らすために散策しているのに、

夫は「コロッケ食べたかったんだよね〜」と買い食いをはじめる(イラっとポイントその2)


その後、ブラブラ歩いて近江町市場へ。

やはりどの店も激混み。なものの、

お目当てのお店は10分ほど並んで入れました。

ほんとはカウンターの寿司屋にでも入りたかったのですが、

2歳児がいると、カウンターはちとキツイ。


二階にある大箱のお店ならテーブル席もあり、コロッケとかうどんとかもあるのでそちらをチョイスしました。


その後、21世紀美術館へ。

チケット買うだけで30分ほど待ちました。


現代アートは良くわからん、というのがぶっちゃけたところですが、

粟津潔さんの作品ははじめてみましたがとてもステキでした。良い出会い。


ちなみに2歳児はキッズルームみたいなところのブロックやオモチャで30分くらい遊び、

それなりに満足げ。


子どもを交代で遊ばせて

ゆっくり美術館鑑賞、というのもありだと感じました。


その後、特急で30分くらい、加賀温泉駅へ。

途中、日本酒の銘柄で有名な「手取川」を超えるのですが、

好きな銘柄でもあり

手取川!!手取川だっ!!!」と、この旅で一番興奮してしまいましたw


山代温泉加賀温泉駅から車で20分くらいありますが、シャトルバスが迎えに来てくれます。


少し奥まった温泉地なので、

生き残りをかけてか?どこ旅館もきれいできらびやかです。


有名な公共温泉もあり、

湯巡りがお楽しみのひとつですが、

2歳児と湯巡りはちとつらいので少し残念でした。

ほんとは永平寺とかも行きたかったのですが〜

なかなか子連れでは難しいですね。

良く知らない人のいる飲み会にいくと、必ず「良い人紹介するよ〜」と言われる。

学生時代の先輩後輩の飲み会とか、

職場のゆるーいつながりの飲み会とかにいくと、

なぜか、「良い男紹介するよー!」といわれ、微妙な顔になる。


少し前は、

「今世で良いご縁に恵まれますよう」と、お坊さんに合掌されたww


なんでしょう。

子持ちがこんな飲み会くるはずない、

という先入観???


子供を夫に預けて飲みに出てまして〜

といちいち説明するのも面倒なので、

あはは〜と適当ににごしますが、

なんか、微妙な気持ちになる。毎回。