読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保活狂騒曲

〜30代働き女子の妊娠・出産からの保活、そして復職(←いまココ)やイロイロ〜

GW、映画を三本観た

GWに入って、映画館&DVDで映画を三本観た。


なんだかとっても贅沢な気分(笑)


君の名は。


シン・ゴジラ


「湯を沸かすほどの熱い愛」


圧倒的に一番感動し、

心に残ったのは

「湯を沸かすほどの熱い愛」でした。


宮沢りえの演技がもともと好きなのと、

彼女の演じる主人公の、

タイトルでは「愛」と表現されているけど、

「意思」の力に引き込まれます。


母娘がメインテーマなんですが、

自分と子ども、というより、

自分と母親について考えさせられる内容で

自分の母親に対する感謝の気持ちや畏敬の念が、グツグツと沸き立つ内容でした。


言いたいこともたくさんあっただろうに、

私を信じてアレコレ言わずに見守ってくれた母は強し。


色んな家庭内外の理不尽に耐え、

子どもを最優先にしてくれたんだなぁと。


初めから終わりまで

泣きっぱなしの映画なので、

翌日お休みの日に鑑賞することをオススメします(目が腫れる)