保活狂騒曲

〜30代働き女子の妊娠・出産からの保活、そして復職(←いまココ)やイロイロ〜

自称イクメンについて

最近よく、


「いつもは妻が連れてくんだけど、今朝は、オレが子どもを保育園に連れてったんだよね〜(だから、オレ、イクメンでしょ?えらいでしょ?)」



みたいな男性、多いんですけど、


アホか。


と、思いますね。


ごくたまに、気まぐれや、妻の体調不良や用事のあるときだけ、育児をしたからって、

なにが偉いんだと。


家事育児は「毎日」、雨の日も風の日も、自分が風邪ひいてても、子どもが風邪ひいてても、やらなきゃいけないもので、

それをやる人、というのがえらいんであって、

たまーに”お手伝い”感覚ですることなんて、

はっきり言って、自慢の対象にもならない当たり前、のことなのです。


自慢したけりゃ「毎日」やれ、と。


通っている保育園、お父さんが朝の登園を担当してる家庭、ほんとに多いです。

子どもがギャン泣きしても、お父さん、がんばって一緒に登園してます。


もちろん「毎日」。


素晴らしいと思います。