保活狂騒曲

〜30代働き女子の妊娠・出産からの保活、復職して一年半(←いまココ)やイロイロ〜

レス&第二子問題について

子供が生まれから、

夫とはレスの期間が長く、悩みのタネでした。

まあ、あれだけギャーギャー(わたし→夫)言ってれば、

そりゃレスにもなるわな、ということで、あまり気にしていませんでしたが、

第二子問題と絡むだけに、モヤモヤは日々膨らんでいきます。


子供が2〜3歳になると、必ず聞かれる、第二子は〜?という話にも、


いやー、どーだろーね、私は欲しいけど

夫が非協力的でねぇ、


と答えるのが精一杯。


レスなんで、

作ろうにもできないですわ。


とぶっちゃけてしまいたい気持ちを抑えて、

ストレスはさらに増すばかりでした。


ナイーブな話だけに、

通勤電車でコソコソググって、

ネットの掲示板読む、くらいしかしてなかったのですが、

1人で、悩んでても解決せんだろう、ということで、段階的に夫にアプローチを続けていました



・第二子が欲しい、とストレートに言う

これは、毎回玉砕して悲しい気持ちになって終わりました。

ってか、「ひとりで十分だ、2人なんて大変だ」と言う夫に、

産むのも育てるのも、ほぼ私だわ、

お前が大変とか言うな、ボケ

と、毎回心の中で突っ込んでましたが、

それを口にしたら終わってしまうので、飲み込むのが辛かったです。


ちなみに、

「子供が増えると経済的に大変だ」

とかほざくので、

産休育休も含めた家系シュミレーションを作って、エクセルを見せながら

「大丈夫です」と説得を試みましたが、

夫は感情重視の右脳型人間なので、

理詰め作戦は玉砕しました。



・夜、仲良くできないのは寂しい、と伝える。

感情重視の右脳人間には、「悲しい」とか「寂しい」とか言うのが効きそうな気がしたので、

(ホントは子供が欲しいだけだけど(小声))

寂しいとか言ってみました笑


だから、いつ仲良くしよう、と予約を取り付けるのですが、だいたいはぐらかされたり、疲れたから寝る〜みたいな流れになって、

猛烈に虚しい気持ちになります。


女としてのプライドも傷つき、

けっこうつらいです。



・夜の予約を無視されるのは悲しいし、傷つく、と伝えてみる。


これはもう、泣き落としで、

悲しい、寂しい、傷つくを連発してみます。

ただし、わたしは元々しつこい太刀で、

日々夫に「しつこい」と怒られますので、

怒られない程度にしつこく、怒られそうになったらサッと身を引きます。笑



・どうでもいいことは、夫に主導権を預けるようになった。


だいたいのことを自分で決める方がラクと思っていただけに、

結婚して子供ができてもしばらくは、

些細なことでも自分の意見を言う、時には相手と意見を戦わせる、

というスタイルでしたが、

ここ最近、どうでもいいと自分が思うことについては

「任せるよ」

「好きな方にしていいよ」

「決めたことに従うよ」

と、積極的にいうようにしました。


これが功を奏したのかはナゾですが、

夫も少しは気分がいいようです。

やはり、男性は、家の中くらいでは少し威張りたいんでしょうか。

男性としての威厳をくすぐることで、関係改善→レス解消を目指しています。


しかし、本件はあくまで

「わたしにとってどうでもいいこと、に限る」というのがミソです。笑



・体調の記録をつける


いざ、レス解消!となった時に、

スムーズに子作りできるよう、

自分の体調の記録をマメに取るようになりました。

基礎体温まではつけきれていませんが、

一ヶ月のだいたいの体のサイクルは把握でき、このくらいのタイミングで排卵があるな、とか、

排卵チェッカーを使って確認するようにもしています。


・あとは神頼み


子供ができる、できないなんて、

あとは神頼みです。

神さま、よろしくお願いします!!!!