保活狂騒曲

〜30代働き女子の妊娠・出産からの保活、復職して一年半(←いまココ)やイロイロ〜

アドラー心理学・夫との人間関係⑤

アドラーは、

甘やかしにやたら厳しい。


f:id:rinne_w:20180502042415p:plain


小さい時からなーんでも与えてると


f:id:rinne_w:20180502042456p:plain


与えられることが当たり前になり、

自分に与えられないシーンになると

不機嫌になったら、怒ったりする。


ということらしい。


人間関係なんて、どんな関係でも一緒なのかも。


わたしは、夫に自分が軽んじられてると感じると、

注目されたい、かまってほしいが故に、よくキレてます。


でも、注目されたいからキレる、って、

注目されたいからグレる

みたいな、子供っぽいアプローチですよね。。

人間関係、大波小波

揺れがあるときもないときもあるさ、

くらいに構えておけばいいんでしょうか?


あと、キレる以外のアプローチや、

じゃあいいよ。別のことするから、という切り替え?

世界を広げる(共同体感覚)というのが正しいアプローチなのでしょうか?


あともういっこは、コレ。


f:id:rinne_w:20180502043102p:plain


子供の時から

褒められるから○○する、という理屈で育ってきたひと(はーい挙手)は、

家事育児がつらいんですねぇ〜。


だれだって、

誰かに認められたいし、

褒めてほしい。


でも、その欲求が強すぎると、

やっかいなことになるんだそうです。


最後に。


Eテレの100分de名著

素晴らしい番組です。

(スクリーンショットさせて頂いてます)


アドラー心理学の回はyou tubeにもアップされてますので、

気になるかたは、ぜひ観てみてください。