保活狂騒曲

〜都内在住、5歳と0歳をゆるゆる育て中。総合職フルタイムのアラフォーワーキングマザーの妊娠・出産からの保活や育児備忘録〜

秋の味覚・さつまいものアレコレ

6歳児の芋掘り遠足&いただき物のさつまいもが大量に。

毎年、お芋チップスにしていますが、今年は量も多くどうやってたべようかなぁ〜と考えつつ。

個人的にあまり芋料理は好きではないのですが、子供が全力で掘ってきたお芋でもありますし、バリエーションをつけておいしく食べきりました!

 

☆お芋チップス

バターとお塩をまぶして。背徳の旨さ。

 

☆さつまいものパウンドケーキ

ホットケーキミックスで。ドライフルーツを刻んで入れると良いアクセントに。美味しくできた!

 

☆さつまいものお味噌汁

甘いお芋がしょっぱいお味噌とよく合う!

子供も気に入ってた

 

☆ふかし芋

子どもは間違いなく好き

 

芋けんぴ(夫)

子どもに好評!おいしかった。

夫よ、さすがだ。

6歳児と一緒にミュージカル/観劇

インフルエンザ&コロナのW流行など、

まだまだ予断を許さない状況ではありますが、機会があれば積極的に舞台を見に行っています。

 

6歳児ともなれば、だいたいのことは一人でできるし楽ちん楽ちん〜ということで、

一歳児は夫と留守番してもらい、6歳児とふたりでお出かけです。

 

☆ライオンキング 劇団四季

言わずと知れた超名作。子供も大人も大満足です。6歳児は、また観たい!とすでに再訪決定

 

☆アラジン 劇団四季

意外と・・・というと失礼ですが、面白かった!子供もゲラゲラ大笑いし、大満足の様子。

さすが劇団四季よ。。

 

☆しまじろうコンサート

一歳児を連れて。まぁ、、大人はアレですが、子供はよろこんでましたよ。しまじろう、TVでは観てないけどね。

6歳児がしまじろうのキラキラスティックみたいなのが買ってもらえず、泣きからの後半ずっとブスくれていましたが、

一歳児が微動だにせず1時間観劇しててビビった。

大好きなアンパンマンの舞台もいつか連れて行ってあげたい。

 

次なる予定は劇団四季アナと雪の女王です。

 

ただ一つ難点は、6歳児に必ずグッズをせがまれることです。。

 

小物が2000〜3000円とかするんで、毎回、グッズ売り場の前で白目になっています。

天高くよく遊ぶ秋

ジメッとした空気が急にカラッと乾いて、

秋がやってきました。

 

公園遊びも気持ちいいですし、

イベントも目白押し。

 

ある週末、小石川植物園で開催されたイベントにも遊びに行きました。

 

植物で作ったジャムやお菓子

草木染め

植物に関係ある本

 

コンテンツは少しオシャレで大人も楽しめるものがたくさん。

建築家のユニットとのコラボらしく、全体的に洗練された雰囲気です。

(よって、出店とか射的とかはないw)

 

我が子は「植物の繊維クイズラリー」という、

ほぼヒントなしの渋いクイズラリーにハマってしまい、だだっ広い植物園をグルグルまわることになり、大変でしたが、良い運動になりました!

100円のスタンプラリーでしたが、

全問正解のご褒美が、「木の繊維」と渋すぎて笑えた!

 

今年初めてのイベントとのことで、

また来年も開催されることを願っております!

 

3年後〜くらいのキャリアは想像できても10年後の生活をどう描くか問題

サラリーマンしてると、

「3年後(5年後)どうなりないか」ってよく聞かれます。

自分の今の状況からバックキャストして、

テキトーに答えたりしてますが。。

10年後どんな生活してたい??を想像するとなかなか答えが出せないです。

 

子どもは中学生〜小学生、どんな学習環境?

東京にすんでる?の?

仕事はまだリモート併用でいけてる?

家族の健康は??

 

変数多すぎて、想像の域にもハマナラない。

 

そのときどき、ベターな選択をすべきだおもいますが、

理想も持っていたい。

 

40代って複雑なお年頃です。

 

病院が通いがとまらない一歳児

保育園に通い出して、

1週間に一度は呼び出し→自宅保育 数日〜1週間 というサイクルが続いています。

 

小児科(鼻水・セキ)→小児外科(二分脊椎疑い)→脳外科(二分脊椎、結果、問題無し)→耳鼻科(滲出性中耳炎)→小児科(おなかの風邪)→耳鼻科(経過観察)

 

みたいな、病院通いが繰り返されます。。

 

あまりに風邪をひくので、鉄分不足の貧血かも?といわれていますが、

風邪ひきが止まらないので採血するタイミングを失ってます、、

 

ただ、同じクラスの子のほとんどがこんな状態(白目)

0歳児はしょうがないですね。

 

会社には「0歳児の病気はこのペースだから、仕事量は抑えながらやらせてほしい。そのかわり、質でがんばって結果出します」

と言いながら、ヌルッと仕事してます。。

お祭りハンター、復活

大々的なお祭りはまだ、自粛傾向にありますが、

近所のこども祭りのようなイベントはチラホラ復活しています。

 

宝石すくいや、射的、かき氷や焼きそばなど。

なんてことない出店でも、こどもたちは嬉しさマックス。

大はしゃぎで楽しんでいます。

 

10月のある日は、お祭りのはしご。

午前中に近くの保育園で園庭開放してこども祭り。

近くの雑貨屋さんや絵本屋さんも出動してワイワイガヤガヤ。

汗ばむような暑さで、カレーと焼きそばとビールをプシュッと空けて、なんとか正気を保つw

 

午後は別の地域のお祭りへ。

全てのコンテンツで長蛇の列、白目をむきそうちなるが、無心で並ぶ。

保育園のおともだちとも会い、満足そうな6歳児。

よかったよかった。

子どもと一緒に作るなら、ホットプレートオムライスはおすすめ

雨の休日。

何もやることがないので、6歳児と一緒にご飯作ろう、というはなしになりました。

 

何作りたい?と聞くとオムライス!というのでホットプレートでオムライスを作ることにしました。

 

子どもと料理つくるって、ワチャワチャして意外と大変なんですよね。。

子どもが満足して、かつ、あまりワチャワチャせずに済むよう、以下のような手順でオムライスつくりました。

 

☆炊飯器でコンソメで下味をつけたピラフを作っておく

→冷蔵庫にある野菜を適当にみじん切りにして、コンソメと共に水分少なめの水で米を炊く

 

☆鶏肉やハムやベーコンなどをホットプレートで子どもに炒めさせる

 

☆炊き上がったピラフをホットプレートで炒めて、子どもにケチャップで味付けさせる

→ケチャップごはんは一度、皿に取り出しておく

 

☆たまごを割らせる→混ぜてホットプレートに流し込ませる

 

☆ハジの方のスペースをあけて、ケチャップごはんを戻し、卵が焼けたら、ケチャップご飯の上に乗せる

 

あとは、ケチャップをかけたら出来上がり〜

 

包んだりせずとも、ホットプレートのうえでカタチを整えれば、それっぽいオムライスの出来上がり!

 

味つけはコンソメピラフに下味がついてるので、ケチャップ混ぜるだけで良いし、

子どもも、作った感があったようで、満足していました。