読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

保活狂騒曲

〜30代働き女子の妊娠・出産からの保活(←いまココ)やイロイロ〜

夫の育休についてのモヤモヤ

我が家では、私が里帰り出産せず、

産後に親が手伝いに来てくれることもなかったので、夫に約1カ月の育休を取ってもらいました。


初めてのことで、事前になにをしてほしい、だのというすり合わせをせぬまま夫の育休期間に入ってしまったため、

結論から言うと


私のストレスが相当たまりました。


いや、まだまだ男性の育休が一般的ではないこのご時世に、大変ありがたいことだなぁ、と感謝はしているのですが、


朝、ゆっくりめに起きてきて


「おなかすいた、ごはんは?」


とか言われると、そりゃまぁ、

発火装置にスイッチが入るわけで。


いや、せめて私と同じ時間に朝ごはん食べてくれればいいんですけど、

私が済ませたあとなのに、二度手間なんですけど?

と不機嫌な顔をすれば


「それくらいやってくれてもいいじゃん」


とか言われ、さらにミサイル発射スイッチに手が伸びそうになったり。


もちろん、洗濯物干して、だの、

買い物行くから子ども見てて、

だの言えば、やってくれるんですが、

言わないとやんないので、逆にめんどくさい。


ということで、こちらのストレスが溜まって、家庭内冷戦に突入する、という状態でした。


男性が育休を取る場合は、

具体的に何を、どうしてほしい

という要望を取り決めた上で、双方合意のもと始めることをお勧めします。


でないと、結局、「夫の世話」というジョブが増えて、妻の負担が増えることになる気がします。